Top Page > 2010年07月

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | スポンサーサイト | TOP↑

≫EDIT

■ 「農商工連携セミナー」開催のお知らせ

受付を終了しました>>>>>

公開講演会「農商工連携セミナー」 ~地域特産品を活かした商品開発~

 農商工連携のねらいとは、農林漁業者と商工業者が相互に連携して、農林水産物の価値を高めることにあります。お互いの強みを活かして売れる新商品や新サービスの開発、生産などを行い、需要の開拓を行うことが目的です。
例えば、農業従事者のみでは農産物の加工と販売の限界という課題があります。このような課題を農業従事者と中小企業者が協力しながらお互いの強みを発揮し、売れる商品やサービスの開発を行おうとするものです。本セミナーでは、地元企業2社による取り組み事例を伺いながら、農商工連携の可能性を考察いたします。

◆ 開催日時: 平成22年7月21日(水) 午後6時から8時まで

◆ 開催場所: 京田辺市商工会館CIKビル 3階会議室 (京田辺市田辺中央4丁目3-3)

◆ プログラム: 農商工連携の取り組みについて(概要説明)
              独)中小企業整備基盤機構 チーフアドバイザー西堀克則氏

         事例発表 株式会社 大建 北 宗郎氏・株式会社西出製茶場 西出 孝氏 

◆ 受講料 :  1,000円(商工会ならびに商工会議所会員の方)
           3,000円(一般ならびに非会員の方)

◆ 定  員:  先着30名

◆ 主  催:  山城区域商工会広域連携協議会(山城地域ビジネスサポートセンター)
          京都府商工会連合会/中小企業応援センター

◆ 共  催:  八幡市商工会・京田辺市商工会・井手町商工会・宇治田原町商工会
  

(株)大建 (加茂町/建設業)
  昨今の建設不況から経営の多角化を模索していたが、食の関心と地元貢献の意識から
  地場の主要産業である茶業に着目。一方茶葉の売上の伸び悩みに経営改善の必要を感
  じていた製茶農家が、同社の事業提案にお互いの思惑が一致し連携に至った。
                  (中小企業基盤整備機構HP掲載の記事より転記)

西出製茶場(株)(宇治田原町/製茶問屋業)
  玉露の旨味と煎茶の飲み易さを兼ね備えた宇治茶としての新ジャンル茶葉の開発を模
  索していた。その緑茶への想いや経営方針に共感し、独自の栽培技術を研究していた
  製茶工場が、新たな栽培方法を実施することで新ジャンル茶葉の開発で連携に至った。
                   (中小企業基盤整備機構HP掲載の記事より転記)

◆ 参加申込み
  以下の項目を印刷の上0774-62-6677までファックス頂くか、
  お電話0774-68-1120でお伝えください。




参加講座 公開講演会(7月21日)に参加します

企業名もしくは個人名

住所

TEL/FAX

所属団体 商工会・商工会議所 会員・非会員


スポンサーサイト

| ■平成22年度セミナー | ■ 「農商工連携セミナー」開催のお知らせ | TOP↑

≫EDIT

■ 「買いまっせ!売れ筋商品発掘市」参加者募集のお知らせ

「買いまっせ!売れ筋商品発掘市」とは、通常の商談会とは逆に、買い手企業(大手流通企業等のバイヤー)が展示場のブースで待機。そのブースに、売り手企業(製造業・卸売業・農林水産業等)が商品を売り込むスタイルの“逆見本市”です。

1商談は最長15分、買い手企業には百貨店、スーパー、コンビニ、ホームセンター、通販、生協、外食、ホテルなどが参加されます。売り手企業には、輸入卸売業や商品企画・販売行、自社製品を開発した金属加工業など様々な業種の皆さんが参加されており、数多くの商談が決まっています。


開催日 平成22年9月17日(金)(10~13時、14~17時)

開催会場 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
         3階イベントホール(大阪市北区中之島5-3-51)会場への交通アクセスはこちら

買い手企業 大手の百貨店、スーパー、専門店、ホームセンター、
        通販、生協、外食、ホテルなど約50社(予定)

売り手企業 大手企業(上記買い手企業参照)への販路拡大を目指す全国の中小零細の
        製造業・卸売業、農林水産業、地域特産品関係団体など1,200名(先着順)。
        (具体的な商品について商談ができることが条件になります)

主催 大阪商工会議所

お問い合わせ 大阪商工会議所 中小企業振興部 流通担当
  
住所 〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-8 TEL:06-6944-6440 FAX:06-6944-6565

参加費用そのた申込方法など詳しくはこちらをどうぞ

|  販路開拓(出展者募集) | ■ 「買いまっせ!売れ筋商品発掘市」参加者募集のお知らせ | TOP↑

≫EDIT

□ 無料で簡単に! ホームページ作成ならSHIFTをどうぞ

「SHIFT」とは、全国商工会連合会が提供する商工会会員事業者の支援システムです。

全国商工会連合会では「100万会員ネットワーク」の名称で、商工会会員の皆様の総合コミュニティサイトを運営しています。
この「SHIFT」を利用すれば、ホームページの開設や更新作業、電子公告などが誰にでも簡単に作成できます。
是非あなたのビジネスにご活用ください。詳しくはコチラからどうぞ。


●100万会員ネットワークとは
全国商工会連合会が提供している総合コミュニティサイトで、事業者が必要とする「宣伝・人脈づくり・ビジネス情報」の3要素全てをトータルでサポートするサイトです。簡単にインターネット上から事業所の紹介や商品情報の登録発信ができます。

●山城地域の各商工会員なら導入・運用は無料です!
全国商工会連合会のサーバを利用するため、導入・運用の費用や、面倒なサーバ保守の手間がかかりません。

●お問合せ
山城地域の各商工会までどうぞ。

八幡市商工会
〒617-8093 京都府八幡市八幡三本橋59-9
  電話075-981-0234 Fax075-981-8556

京田辺市商工会
〒610-0334 京都府京田辺市田辺中央4-3-3
  電話0774-62-0093 Fax0774-62-3926

井手町商工会
〒610-0302 京都府綴喜郡井手町井手橋ノ本14-3
  電話0774-82-4073  Fax0774-82-5410

宇治田原町商工会
〒610-0261 京都府綴喜郡宇治田原町岩山釜井1-36
  電話 0774-88-4180 Fax0774-88-4678


*** SHIFTの主な特徴 ***

1.HTMLタグなど専門的な知識がなくても簡単にホームページが作れる!

2.オンラインショップも開業 OK!買い物カゴが自動的に生成されます

3.宿泊施設などの詳細情報も発信OK!(部屋数・温泉名・成分等詳細に登録)

4.問い合わせ、宿泊予約等のフォームも充実!ワンクリックで生成できます

5.1回入力すれば、複数のページで掲載される!

6.地図、掲示板、関連リンク、添付資料も簡単設置!

7.電子決算公告も簡単に掲載!

8.携帯電話での閲覧にも自動的に画面を切り替え可能

9.その他、多くの機能を持つSHIFTをご活用ください

|  無料ホームページ | □ 無料で簡単に! ホームページ作成ならSHIFTをどうぞ | TOP↑

≫EDIT

■ 「知恵の経営報告書実践講座」のお知らせ

受付を終了しました>>>>>
実践講座「知恵の経営報告書作成のススメ」 ~知恵を活かして”ダントツ”企業になる!~

ご存じでしょうか、 中小企業で経営計画書を作っているのは100社に1社という事実を。つまり経営計画書を持てば、それだけで他の99社に先んずることができるのです。
知恵の経営報告書とは、自社が持つ技術や創造力、人脈等の無形の資産を知恵の経営報告書として「見える化」し、取引先や金融機関等のコミュニケーションツールとして活用するものです。言わば経営計画書を更に一歩進めたものです。自社の強みを明らかにする過程で、競合他社との差別化や営業先でのアピール方法が明確になります。更に、京都府による認証が得られれば、有利な融資制度や補助金などへの道も拓けます。


◆ 開 催 日 : 平成22年7月13日(火)・27日(火)・8月10日(火)計3回

◆ 開催時間 : 午後1時~4時 *実践講座3回とも

◆ 開催場所 : 京田辺市商工会館CIKビル 4階キララホール 
            (京田辺市田辺中央4丁目3-3)

◆ 内   容 : これまで蓄積した自社の技術や経営ノウハウといった強みを明らかにて
          報告書としてまとめます

◆ 講   師 : 今井俊和氏(中小企業診断士)、山本知美氏(中小企業診断士)ほか

◆ 対   象 : 経営者ならびにその後継者

◆ 定   員 : 10社 (定員になり次第受付を終了いたします)

◆ 受 講 料 : 無料

◆ 主  催:  山城区域商工会広域連携協議会(山城地域ビジネスサポートセンター)
          京都中小企業応援センター(京都府商工会連合会)
          *京都中小企業応援センターでは、(財)京都産業21を代表法人として、
           京都府商工会連合会、京都商工会議所、(財)京都高度技術研究所、
           京丹後市商工会、長岡京市商工会の6団体がコンソーシアムを形成し、
           中小企業の支援を行っております。

◆ 共  催:  八幡市商工会・京田辺市商工会・井手町商工会・宇治田原町商工会

◆ 参加申込み
印刷した用紙に以下の項目を記入のうえ0774-62-6677までファックスにて
お申し込みください。お電話0774-68-1120でも受け付けています。
 



参加講座 公開講演会(7月8日)・実践講座(7月13日~) に参加します

企業名もしくは個人名

住所

TEL/FAX

所属団体 商工会・商工会議所 会員・非会員





◆実践講座と同時に、公開講座へのお申し込みをどうぞ!


| ■平成22年度セミナー | ■ 「知恵の経営報告書実践講座」のお知らせ | TOP↑

≫EDIT

■ 知的財産権制度説明会【初心者向け】京都府が開催されます

■ 知的財産権制度説明会【初心者向け】京都府のお知らせ


平成22年は、特許法の前身となる専売特許条例が公布されてから125周年にあたります。我が国が知的財産立国を宣言してから8年余り、私たちの身の回りで特許、意匠、知財といった言葉を耳にする機会は格段に増え、知的財産が企業経営や研究開発において重要な役割を担うことは多くの方の共通認識となっています。

本説明会は、特許庁、各経済産業局特許室、内閣府沖縄総合事務局特許室の主催により、知的財産の世界に第一歩を踏み出そうとする、企業等の知財部門に新たに配属された方、大学・公設試験研究機関等で研究開発に携わる方、知的財産権について学びたい、また興味がある方などを対象に開催いたします。

特許・実用新案・意匠・商標の制度概要を中心に、産業財産権に関連する支援策等も紹介いたします。参加費は無料ですので、この機会にご参加ください。


◆ 開 催 日 : 平成22年7月12日(月)

◆ 時 間 : 午後1時30分~5時 

◆ 場 所 : 京都リサーチパーク西地区 4号館地下1階バズホール 
          (京都府京都市下京区中堂寺南町134)

◆ 内   容 : 知的財産権制度の概要について(産業財産権関連支援策の概要を含む)

◆ 講   師 : 特許庁 産業財産権専門官

◆ 対   象 : 知的財産権制度にご興味のある方ならどなたでも

◆ 定   員 : 200名 (事前申込み制。定員になり次第受付を終了いたします)

◆ 受 講 料  : 無料

◆ 主  催  : 特許庁、近畿経済産業局

◆ 申 込 み  : (社)発明協会京都支部宛てFAXでお申し込みください
 
          FAX 075-321-8374
          (申込書はこちらからダウンロード/PDFできます)

* 全国で開催される説明会の日程についてはこちら(社)発明協会HPをどうぞ

* (社)発明協会京都支部 京都発明協会では、この他にも特許や商標(ブランド)、知的財産権など様々なご相談に応じています。まずはご相談ください。

   〒600-8813
    京都市下京区中堂寺南町134 京都リサーチパーク内京都府産業支援センタービル2階
    代表電話 075-315-8686
    HP http://www4.ocn.ne.jp/~khat8686/

|  各種施策のお知らせ | ■ 知的財産権制度説明会【初心者向け】京都府が開催されます | TOP↑

≫EDIT

■ 知恵の経営報告書セミナー開催のお知らせ


受付を終了しました>>>

公開講演会「知恵の経営報告書作成のススメ」 ~知恵を活かして”ダントツ”企業になる!~

ご存じでしょうか、 中小企業で経営計画書を作っているのは100社に1社という事実を。つまり経営計画書を持てば、それだけで他の99社に先んずることができるのです。
知恵の経営報告書とは、自社が持つ技術や創造力、人脈等の無形の資産を知恵の経営報告書として「見える化」し、取引先や金融機関等のコミュニケーションツールとして活用するものです。言わば経営計画書を更に一歩進めたものです。自社の強みを明らかにする過程で、競合他社との差別化や営業先でのアピール方法が明確になります。更に、京都府による認証が得られれば、有利な融資制度や補助金などへの道も拓けます。


◆ 開催日時: 平成22年7月8日(木) 午後7時から9時まで

◆ 開催場所: 京田辺市商工会館CIKビル 4階キララホール
        (京田辺市田辺中央4丁目3-3)

◆ プログラム: 知恵の経営報告書の概要について  講師・中森孝文教授
            中森孝文教授プロフィール
             立命館大学経営学部准教授。知的資産経営、地域連携を専門分野とし
             京都府「知恵の経営」評価委員会委員長を務める。特許庁、近畿経済
             産業局、その他講演多数。著書『「無形の強み」の活かし方-中小企業
             と地域産業の知的資産マネジメント‐』ほか。

            事例発表 株式会社P.O.ラボ 大井勝寿氏 

◆ 受講料 :  1,000円(商工会ならびに商工会議所会員の方) 
          3,000円(一般ならびに非会員の方)

◆ 定  員:  先着30名

◆ 主  催:  山城区域商工会広域連携協議会(山城地域ビジネスサポートセンター)
          京都中小企業応援センター(京都府商工会連合会)
          *京都中小企業応援センターでは、(財)京都産業21を代表法人として、
           京都府商工会連合会、京都商工会議所、(財)京都高度技術研究所、
           京丹後市商工会、長岡京市商工会の6団体がコンソーシアムを形成し、
           中小企業の支援を行っております。

◆ 共  催:  八幡市商工会・京田辺市商工会・井手町商工会・宇治田原町商工会

◆ 参加申込み
印刷した用紙に以下の項目を記入のうえ0774-62-6677までファックスにて
お申し込みください。お電話0774-68-1120でも受け付けています。




参加講座 公開講演会(7月8日)・実践講座(7月13日~) に参加します

企業名もしくは個人名

住所

TEL/FAX

所属団体 商工会・商工会議所 会員・非会員




 公開講座と同時に、実践講座へのお申し込みをどうぞ!

1. 開 催 日 : 平成22年7月13日(火)・27日(火)・8月10日(火)計3回
2. 開催時間 : 午後1時~4時 *実践講座3回とも
3. 開催場所 : 京田辺市商工会館CIKビル 4階キララホール 
            (京田辺市田辺中央4丁目3-3)
4. 内   容 : これまで蓄積した自社の技術や経営ノウハウといった強みを明らかにて
             報告書としてまとめます
5. 講   師 : 今井俊和氏(中小企業診断士)、山本知美氏(中小企業診断士)ほか
6. 対   象 : 経営者ならびにその後継者
7. 定   員 : 10社 (定員になり次第受付を終了いたします)
8. 受 講 料 : 無料

◆ 講演会当日の様子

中森孝文准教授による講演
立命館大学経営学部 中森孝文准教授による講演

㈱POラボ 大井勝寿代表による事例発表
㈱POラボ 大井勝寿代表による事例発表

京都府山城広域振興局 冨山貴史氏による施策説明
京都府山城広域振興局 農林商工部商工労働観光室 冨山貴史副室長による施策説明


| ■平成22年度セミナー | ■ 知恵の経営報告書セミナー開催のお知らせ | TOP↑

≫EDIT

■ 農商工連携の具体例について 【製茶業】

京都府の南部、山城地域においては宇治茶をはじめとする茶葉の生産農家や製茶業が盛んであるが、全国における「茶」をキーワードにした農商工連携の事例をひも解けば、以下のような事例が公表されている。

そこで今回は、農商工連携の今後の取り組みに参考になると思われる事例を、中小企業庁が運営するJ-net21のサイトからご紹介したい。

農林漁業と商業・工業のビジネス連携事例(目次)

■ お茶を原料として新たな市場を開拓

1.新しい製茶機械の開発とそれを使った香りや色を高めた飲みやすいお茶の開発

2.高品質な茶葉を使用した高級ボトリング茶の開発及び販売

3.抹茶業界初の「粉末状退色防止抹茶」の製造・販売事業

4.自然農法で栽培する大和茶を使用した自然派化粧品の開発・製造・販売

5.京都府産深蒸し被覆茶(ひふくちゃ)を使用した宇治茶では新しい茶葉である かぶせ日数をコントロールした「京ふか冠茶」の開発・販売

6・京都府産和束の二番茶100%を使用した有効成分(カテキン・ビタミンE)の 多い緑茶粉末の開発・製造・販売

7・べにふうき緑茶粉末を原料とした機能性菓子の開発・製造・販売に係わる事業

8.オーガニック緑茶を使った新たな輸出用高級緑茶飲料の開発


■ これまで利用されてこなかった素材を原料とした高機能な“茶”や新製品の開発

9.宇都宮産の梨を使った紅茶の開発と、おもてなし紅茶文化の普及促進事業

10.近江茶(抹茶・ほうじ茶・煎茶)を活用したジャム及びドレッシングの開発と販売

11.「高機能桑茶、桑茶パウダーの開発・製造・販売」の事業化

12.新規性の桑「創輝」の育成及び商品開発と販売

13.「棗(なつめ)」と天然温泉水を組み合わせた、棗天然飲料水、棗天然健康茶等の開発及び販売

14.地元産大麦を使った麦芽と日本有数の清流・黒部川の名水を使用した「モルト麦茶(仮称)」の開発・販売

15.栃木県産の二条大麦を使用して、GABAを効果的に発生させた「はったいこ麦茶」の開発と販売

16.高機能ハトムギエキスを加えた新しい「はとむぎ茶ゴールド(仮称)」の製造・販売


■ 新たな市場開拓による現業からの脱却

17.薩摩熟成黒にんにく「にんにくの王様」を主体としたオリジナル製品の開発と販路開拓

| ■平成22年度セミナー | ■ 農商工連携の具体例について 【製茶業】 | TOP↑

| PAGE-SELECT |


山城地域ビジネスサポートセンターのトップ /  新 着 情 報  / 講演・講習会 /  よくある質問   /  支援メニュー  /  お問い合わせ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。